スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の劇場「白衣の野望2」 最終話

ナースよりも女医が好きなメンズのみなさん、こんにちは。

いよいよ愛の劇場「白衣の野望2」も最終話です。
あまりに大人過ぎるという理由で全国教育委員会の意向もあり、
この度、めでたく打ち切りになりました。

冗談です。

前置きが長くなってもアレなので早速、最終話に入ります(*´ω`)ノ

aigeki2_title31

アヤ女医の魔の手により迫りくる四天王を見事に撃退し、
何とか25万マッカを手に入れたマヤ女医。
彼女は傷ついた身体を引きずりながら愛するハヤミ医師の元へと向かうのであった。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 女神転生 IMAGINE
ジャンル : オンラインゲーム

愛の劇場「白衣の野望2」 第6話

愛の劇場「白衣の野望2」を心待ちにしてる皆さま、お久しぶりです。
きっと休んでいる間に励ましのコメントがたくさん来てることと思います。

どれどれ

………。
さて、おかげさまで訪問数も1000を超えました。
これもひとえに皆さまのおかげです。
今後ともよろしくお願いいたします。

aigeki2_taitle06

四天王・アリシアの罠を掻い潜り何とかマッカを手に入れたマヤ女医。
愛するハヤミ医師を救うためのマッカは残り5万となった。
そして、彼女は最後の四天王・卍太郎を倒すべくウエノへと足を運ぶのであった。


aigeki2_06_001

マヤ女医はウエノの「卍薬玉店」を見つけると、立ち止り固唾を飲む。
最後の強敵はきっとマヤを苦しめるに違いない。


aigeki2_06_002

 <上野の卍太郎>
 クネクネしている。MTI48に入ろうとしたが書類選考落ち。
 好きな俳優はチャン・グンソク。イケメンが大好き。
 嫌いなものは昆布巻きとCP品で着飾った女性アバター(アヤ女医を含む)。


卍太郎 :「あーら、マヤじゃない!アンタ、生きてたの?」
アヤ女医:「卍太郎こそ。まあ、いいわ。とりあえず5万マッカちょうだい」
卍太郎 :「んまっ!ビッチなメスだわぁ。タダであげるわけないじゃないの!」

アヤ女医:「困ったわ。卍太郎は色気調合も脅し調合も効かないし…どうしよう」
卍太郎 :「何ブツブツいってんのよ。気持ち悪いわね。それより男紹介しなさいよ!」
アヤ女医:「そしたら5万マッカくれる?」
卍太郎 :「仕方ないわね……でも、イケメンに限るわよ!」
アヤ女医:「ようし、頑張っちゃうゾッ!!」


(数十分後)


aigeki2_06_003

マヤ女医:「彼はヒロシ君。さっきフルボッコにして連れてきたの」
卍太郎 :「ヤダ、超タイプなんですけどぉ~


マヤ女医:「うふふ。お似合いの2人に今からプレゼントを送るわ」

aigeki2_06_004

その時、マヤ女医の奥底で2人への想いが炸裂した。
マヤ女医は白衣を翻し、メガネをキラリと光らせる。
マヤ女医:「今夜は眠らせないぞッ…禁断の愛の調合、マヤスペシャル!

aigeki2_06_005

マヤ女医:「これで朝まで語り合うといいわ
卍太郎 :「ゴクリ……今日は店じまいよ。5万マッカあげるからさっさと帰って」

aigeki2_06_006


マヤ女医:「素敵な2人。私もハヤミ様と……キャーッ!!」


― 完 ―

キャーッ(*/∇\*)
次回はいよいよ最終回です(*'∀艸)

テーマ : 女神転生 IMAGINE
ジャンル : オンラインゲーム

愛の劇場「白衣の野望2」 第5話

さて、なんとか第5話。打ち切ることもなく意外に続いております。
今回はIMAGINEの中でも焦点があたりにくい「例のあの人」の登場です。

aigeki2_title05


そのころマヤ女医はシナガワにある聖都の薬局にいた。
そこに敬虔なる乙女の四天王の罠があるとも知らずに…。

aigeki2_03_001
 <品川のアリシア>
 シナガワ1のブリブリブリっこで清純派アイドルを目指している。
 夜な夜な邪教の館の裏で歌って踊っているが才能はなさげ。
 オーディションに落ちるたびに商品の価格が値上がりする。


アリシア:「いっらっしゃいませ」
マヤ女医:「アナタが四天王のアリシア…悪いけどWikiで調べさせてもらったわ」
アリシア:「え?」
マヤ女医:「2005年6月にテクモ株式会社から発売された『影牢Ⅱ』に出てたわね」
アリシア:「何の話してるんですか?知りません!」
マヤ女医:「とぼけても無駄よ!主人公の名前がアリシアで人を罠にかけて殺すのよ」
アリシア:「ちょっ…勘違いです!IMAGINEはテクモ株式会社のゲームじゃありません!」
マヤ女医:「お前のやっていることは全部お見通しだっ!私の調べた結果はこれよ!」

<Wikiリンク> 影牢ii dark illusion
<Google検索>影牢ii dark illusion
(ムービーの検索をぜひおススメします!)


『アリシアの使った罠の一例(Wikiより抜粋)』
魔の空中ブランコ-Hell Circus-
電撃で拘束している対象をアリシアが空中ブランコで蹴り飛ばし、
壁ヤリで串刺しにしてダメージを与える。


※実際にはテクモ株式会社の『影牢Ⅱ』とは一切関係ございません。
 

アリシア:「マヤ女医さん…ひどい!確かに私はアリシアですがアリシア違いです」
マヤ女医:「さあて、どうだか。人を罠にかけて楽しむなんて、アナタ変態ねっ!」
アリシア:「変態?!どこに証拠があるんですか?!あるなら見せてくださいよ!」
マヤ女医:「証拠は……ないわ」
アリシア:「ほら!謝ってください!土下座してください!串刺しになってください!」

マヤ女医:「…証拠がなければねつ造すればいいじゃない」

kiran

その時、マヤ女医の奥底で性悪女の血が煮えたぎった。
マヤ女医は白衣を翻し、メガネをキラリと光らせる。
マヤ女医:「リサーチキャメラと一升瓶…禁断の調合、マヤスペシャル!

aigeki2_03_002



aigeki2_03_005
『ア○シアさんの秘密の写真』

マヤ女医:「ほら!みてみて~。アリシアちゃんの、ヘ・ン・タ・イ★」
アリシア:「……もう帰ってください」
アヤ女医:「いいけど5万マッカちょうだい」


arishia04

― 完 ―


シリーズの途中ですが大人の都合により9月中旬までブログはお休みいたします。
それでは、また来月にお会いしましょう フリフリ ヾ(・д・。)マタデスー♪

テーマ : 女神転生 IMAGINE
ジャンル : オンラインゲーム

愛の劇場「白衣の野望2」 第4話

メンテナンス中にブログを覗いていただいてる皆さま、こんにちは。

無駄に長くなるのでいかに手を抜こうかと思っていますが、今回もどうやら長くなりそうです。
しかも!
今回は大人の要素を強く含んでおりますので、よいこのみんなは気をつけるんだゾ

aigeki2_title04

四天王の1人、プロトピアのヒロシを打破したマヤ女医は続けて新宿バベルへと向かう。
ここでも愛する紫の医師の人のため、5万マッカを得る目的で…。
しかし、彼女はまだ白神薬局に潜む次の四天王の恐ろしさを知らないでいた。

aigeki2_02_000

(あなた、マヤでしょ……)

aigeki2_02_001
 <新宿の白神>
 昔はバスケットボールでブイブイ言わせていた。
 男には適当な接客がモットー。
 サキュバスウイングミニを装備している女性を常に待っているツワモノ。


マヤ女医:「あなたはもしや?!」
白神先生:「フォッフォッフォッ」
マヤ女医:「秋元康先生ですか?」
白神先生:「いえ、人違いです…」
マヤ女医:「では、ス○ムダンクの安西先生では?!」
白神先生:「ファイナルアンサー?」
マヤ女医:「ファイナルアンサー…」
白神先生:「残念。賞金の5万マッカはあげれません」

マヤ女医:「くそっ…ここまでか……」
白神先生:「マヤ女医君、あきらめたらそこで試合終了だよ

kiran

その時、マヤ女医の奥底でWANDSの「世界が終わるまでは」が流れ始めた。

マヤ女医:「白神先生…!!調合がしたいです…」
白神先生:「よし、君の実力をみせてみなさい。私が興奮するチラリズムを披露するんだ」
マヤ女医:「はい、白神先生!」

aigeki2_02_004

マヤ女医:「どうですか?!」
白神先生:「フォッフォッフォッ…1点」


aigeki2_02_005

マヤ女医:「ハアハア…じゃあこれはっ?!」
白神先生:「フォッフォッフォッ…75点。これが君の目指した調合かね?」
マヤ女医:「ううう……もうこれ以上考え付かない」
白神先生:「マヤ女医君、あきらめたらそこで試合終了だよ
マヤ女医:「白神先生…!!調合がしたいです…って、まだ言うんかいっ!」

マヤ女医は白衣を翻し、メガネをキラリと光らせる。
マヤ女医:「白い白衣とアヤ女医に借りたビキニ…禁断の調合、マヤスペシャル!

aigeki2_02_003

aigeki2_02_006

マヤ女医:「これはいかが?!」

aigeki2_02_007

白神医師:「フォッフォッフォッ…100点!」
マヤ女医:「白神先生…恐ろしい子!」


― 完 ―

タプタプタプ(*`-ω-*)

テーマ : 女神転生 IMAGINE
ジャンル : オンラインゲーム

愛の劇場「白衣の野望2」 第3話<後編>

第3話後編です。

第3話前半はこちらから

aigeki2_title03

四天王・プロトピアのヒロシに隙を見せたマヤ女医。
ヒロシの口から放たれたミサイルはマヤ女医の顔面をとらえていた。

aigeki2_05_004

店員浩司:「一撃必殺ヒロシスペシャル!」
マヤ女医:「あまいっ!逆マトリーックス!!」
店員浩司:「何っ?! この僕がヒロシスペシャルを外したっ!」

その時、ヒロシは胸に激痛を感じ、なぜかカウンターの外へ倒れこんだ。

店員浩司:「ううっ…まさか失敗したら重傷を負うプログラムをしこまれてたなんて…」
マヤ女医:「しっかりしてっ!まだ5万マッカもらってないわ」

aigeki2_05_005

店員浩司:「聞いてください…。ヒロシです。僕はアヤ女医推しなんです…」
マヤ女医:「死ぬがいいわ。んー、でもちょっとまって。5万マッカ…」

kiran

その時、マヤ女医の奥底で5万マッカに対する情熱が燃え上がった。

マヤ女医:「こう見えても、医師のはしくれ。アナタのこと私が絶対助けて見せる!」
マヤ女医は白衣を翻し、メガネをキラリと光らせる。
マヤ女医:「あり合わせ素材は癒し系エコとなる…禁断の調合、マヤスペシャル!

aigeki2_05_008

(チチチチチと小鳥のさえずりと木漏れ日の光)

マヤ女医:「何とか一命はとりとめたようね」
店員浩司:「…ありがとうございます。僕のほかにも四天王がいます。気を付けてください」
マヤ女医:「それどうでもいいから。5万マッカをさっさとよこしな」
店員浩司:「……どうぞ。 ヒロシです…僕のヘソクリがなくなったとです」

マヤ女医:「ハヤミさん、やったよ!これで10万マッカたまったよ! それじゃあね」
店員浩司:「マヤ女医さん……ありがとう。僕、マヤ女医推しになります。」


こうしてマヤ女医はプロトピアの薬局を後にした。
しかし、マヤはヒロシに殺されそうになっていたのを根に持っていた。

(自爆で死ぬなんて私の気がすまないわ。しっかり仕返しさせてもらうわね♪)

aigeki2_05_007

頑張れ、マヤ女医!
負けるな、マヤ女医!
そして、逃げろヒロシクン!


― 完 ―

2部構成…超長い(*´-д-)フゥ-3

テーマ : 女神転生 IMAGINE
ジャンル : オンラインゲーム

訪問ありがとうございます
プロフィール

 アッキー

Author: アッキー
「真・女神転生IMAGINE」で遊んだ日々の履歴です。ありがとうございました。

利用規約的なやつ
COPYRIGHT (C) ATLUS / (C) CAVE
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。